向い風に往復ビンタされる日

#200317

荒川CR(サイクリングロード)をずーっと北上して終点まで行き、そこから熊谷市を越え、深谷市に向かう。そこには花湯の森という温泉施設がある。

個人的に行った中で最高の温泉をと言われると、最近レコード更新された飛騨高山の奥飛騨ガーデンホテルの焼岳が一番になるが、その次となるとこの花湯の森になる。

花湯の森と焼岳は共通している点がある。露天風呂が庭みたいになっているのだ。
露天風呂の周りに樹木があり、落ちた花や葉が湯に浮かんでいるその情景が風流で好きなのだ。
焼岳はさらに四方を山岳に囲まれているので、雄大な大自然を湯船から見れるが、花湯の森なら庭のような池があり、もう少し先の季節なら桜も見れる。

埼玉に住んでいた頃は片道40kmほどだったので足繁く通っていたが、やはり東京に引っ越してからは回数が減ってしまった。
それでも友人の家に行く時はほぼ必ず寄る程度には贔屓にしている。

今日も友人と待ち合わせ、2時間ほど湯船に浸かっていた。
やはりここは暖かくなったこの季節の日中が良い。
さらに今日はほうとう鍋も頼み、美味しい鍋も堪能した。

が問題は、往復のどちらでも向い風になっていて、亀のような遅さで自転車を漕いでいた。もちろん必死に漕いでいるので現在、膝が筋肉痛気味だ。
サイクリングロードは遮蔽物もなく風が吹き付けるため、本当に進まない。
脚力鍛えたい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です