#171109 メール一本の理由

Tumblrを眺めていると、なるほどなーと感じたポストがあったので備忘録メモ。

ところでボクはTumblrが最高に好きだ。
今回のLivedoorニュースのように、アーカイブ元が消えているにもかかわらず、Tumblrがアーカイブしているようなことはよくある。(言ってみればTumblrにしか存在しなくなっていることがWebの世界には存在するということだ!)

Webサーバーには物理的な限界容量があるから、理屈で考えれば無料のサービスでは、引用元の情報をひっぱってきて、運営元のWebサーバーには保存しないのが普通だと思う。ところがTumblrはどうも運営元のWebサーバに保存しているようで、記事だろうが画像だろうが残り続ける。
ボクはそれがたまらなくCoolだと思うし、Tumblrがなくならないように祈り続けたい。

というわけで備忘録本体は続きの方に。

人は、相手の行動を見てその人を判断する。そして、イラッとしたり、「この人と合わない」「この人、うっとうしい」と、思ったりする。

わたしも、同じだった。

でも、これからは、

「行動の裏には、その人の価値観がある」

ということを知っていなければ、人間関係がうまくいかないことをわかっていたほうがいい。

逆にそのことをわかっていると、ごきげんでいられる。

そのことを私に教えてくれたのが、講師仲間でふだんは商社で働くサラリーマン、アンディ中村さんだった。

企業の人たちと話していると、よくこんな話題になる。

「最近の若い子たちは、メール一本で『会社を辞めます』って言うんだよなあ。かんべんしてほしいよ」

「なんでもメールで済まそうとしてほしくないよなあ」

わたしも、「そのとおり」だと思って同感していた。

でも、アンディ中村さんは違った。

「彼らは、悪気も何もないよ。それが当たり前だと思っているよ」

「どうして?」

「だって、彼らは、就職活動で必死でエントリーシート書いて、企業の会社説明会に行って、がんばってアプローチしても、メール1本で落とされる経験をしているんだから。メール1本で休んだり、会社を辞めることが悪いことだと思うはずないじゃないですか」

目からウロコだった。

原因は、わたしたちオトナが作っていた。

そんな視点で見ると、いろいろ納得していなかったことが、納得できるようになっていた。

たとえば、近所にステキな飲食店ができていて、若手メンバーに、

「あんなところにあんな店ができているよ」

と、盛り上げるつもりで言ったにもかかわらず、

「でも、大谷さん、そこ、食べログで2.8ですよ」

と、言われて、ムカッときたことがあった。

アンディ中村さんの言葉を聞いて以降、若手メンバーが、なぜそんなことを言うかも理解できるようになった。

平成生まれのメンバーは、生まれた時からパソコンも携帯もあった。比較検討が当たり前だった。

そして、彼らの価値観には、

「大谷さんは、盛り上がっているけれど、その店に行ってみたら、従業員の態度が悪いかもしれないし、美味しくないかもしれない。行ってから、大谷さんの不機嫌な顔を見るの嫌だよなあ」

という感情が働いていた。

それが理解できると、コミュニケーションのとり方も変わってくる。

「ねえ、あそこの店、美味しいかどうかわからないし、従業員の態度が悪いかどうかもわからないけれど、冒険してみょうよ」

という誘い方になる。

そんな話をしていたら、ある幼稚園の先生が言った。

「そのとおりよ。それがわかっていなければ、間違って、子どもを叱ることになるんですよ」

「どういうこと?」

思わず聞き返した。

彼女が言うには、

「幼稚園の子どもたちが、トイレを流さないの。だから『トイレを流しなさい』と、怒っていたのよ。でも、子どもたちは、キョトンとしているの。そして、ある子どもが言ったの。『どうして流れないの?』って」

その時、彼女は、初めて気づいたらしい。

「この子たちのマンションのトイレは、自動的に流れるんだ」ということを。

実際、彼女のマンションのトイレも自動で流れていた。

「なのに、わたし、気づいてなかったんだよね。子どもたちにとっては、その世界しか知らないということを。反省だわ」

今は、トイレの流し方を子どもたちに教えているらしい。

わかっているようで、わかっていない人の価値観。

これからは、楽しく「人の価値観」も研究していきたい。

 

カテゴリーtalk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください