そして地獄は続いている

働いてお金を貰うことが喜びかというと、ある程度の休みがないと辛いだけというのが感想です。
ご無沙汰してます、乃良狗です。

前回の固定ローラー購入で自転車ノリまくり!かと思ったら、「それすら乗れない残業量を見せてやろう」といわんばかりに毎日朝帰りでした。うーん直球で無理。
GWを多めに休暇予定入れるもあえなく仕事で潰されて辛さしかない。

とはいえどスキを見て自転車自体には乗っていました。
特にGWは長野経由して京都へ行こう!と思っていました。

なぜ長野を経由するかというと、実は今年に入ってから「おねがいティーチャー」好きだったのに、ボク木崎湖にいったことなくない?ということに気づいて、一度はいこうと思っていた。が、そもそも休みがなく…

そんなわけでGWに長野経由で次の日程を組んで走るつもりでした。
(過去形にする理由はこのすぐあと)

  • 荒川CRを北上し、高崎から軽井沢を抜けて長野に入る(初日宿泊)
  • 木崎湖を経由して、富山の高岡に泊まる
  • 疲労度と相談しながら福井か滋賀あたりに泊まる
  • 京都へ到着

が。

初日の長野行きの最中、高崎あたりで信号待ちから発進したときに、後ろから「ガシャン」と音が聞こえたものの、「何か踏んだかな?」と気にもせず進行してしまう。

碓氷峠が近づいてくるとテンションがあがってきて、「数年前に一度登って以来だし、昔と比較して脚力上がったからいけるぞー!」とか考えながら峠の前にたどり着く。

休憩場所は前回と同じ自販機の前と決めていたので、飲み物を購入しは峠に向かう車を見ながら一息ついた。
体の疲労も落ち着いたので出発しようとすると、後輪からどうかんがえてもスポークがゆるみきってニップルがホイールの中を転がっている音が…。

マジか!と思い慌ててホイールを見ると1本スポークがなくなっていた。
今までニップルがゆるみきり、ホイールの中をスポークが転がっている時は何度もあったが(だいたい遠距離の時)、いつもスポークは残っていた。しかし今回はスポークそのものがなくなっていた。

ここで何故か「仕方ないやー。タイヤフレてないし時間もギリギリだから登ろう」と一度碓氷峠を半分登った。登ったがやっぱり不安になって、「もしかしてさっきの休憩で止めた時に落ちたのでは?」と思いUターン。
しかしあるわけもなく、諦めて再度碓氷峠を登った。

ちなみに途中まではガンガン踏んで登っていたのだけど、後半残り4kmが少しきつかった。まだまだだなぁーと思う。(徹夜続きで太ったのもあるけど)

登りきって軽井沢に入る頃にはだいぶあたりが暗くなり始めていたので、急いで長野に向かった。(軽井沢から80kmだと思っていた)

ところが軽井沢(140kmくらい)から、実際にホテルについた時の総合距離は250kmだった。軽井沢からほぼほぼ下りで風もそこまで気にならなかったことが幸いとなって22時につくことが出来たのは良かった。

ホテルにつくまで明日以降をどうするか真剣に考えた結果、「ホイールだけダメになるならまだしも、走行中にホイールが原因で自転車本体をダメにすると泣きたくなるので辞めよう」と判断して、旅を終えた。

翌日は目的の一つだった善光寺で厄払いをしてお昼に長野駅から新幹線で戻った。ある意味空いている日程でゆうゆうと帰れたというのは良かったなーと思う。

上野駅についたあと、「自転車屋に持っていってみよう…」と思い錦糸町に向かった。幸いGW休みではなく営業していたのと、お客さんがちょうど居なかったのですぐ見てもらえた。
が、結果はスポークの根本が折れていた。
幸い部品はあったので交換してもらい、さらにハブからサビというのもお伝えするとグリスアップなどのメンテもしていただいた。
「でもこれそろそろですね、ゴリゴリしてるので寿命ですねぇ…」
何度も修理していただいていることと、供養ということで今回のメンテ(部品交換代)はサービスして頂いた。

自分の中で自転車の部品って寿命は当分先だろうと思っていたけど、意外と4年乗っていると来るんだなーと寂しく思った。
ZONDAのホイールでの走行は、Stravaを見るとだいたい2万kmなどで、たしかに寿命かなーという感じがした。(僕自身が体重があるのでやっぱり負担が大きいだろうし)

とはいえどまだ乗れないかなーと思って、昨日は九十九里浜まで行ってきた。
ベアリングも快調だしホイールもいい感じだし、まだまだ走れそうなんだけどなーと、しょんぼりしている。

ZONDAのC2018モデルというか現行モデルはダサいので候補としては、ちょっと無いかなーと思っています。
むしろ自転車屋さんの店長オススメのMavicのKsyrium Elite USTがすごく気になって欲しいなーと思ってる…今日まで安く売ってるとBlogでみたので買いに行こうと思ったけど、仕事で結局行けなかった…。ショボーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください